ほくろ除去で自信をつける|施術について詳しく知れば怖くない

ほくろ除去で自信をつける|施術について詳しく知れば怖くない

使われる機器

ナース

ほくろ除去に使用される機器の特徴を知ることは、安心安全に施術をするために必要でしょう。また、機器によって特徴も違いますから、知識を深めていき美容外科へカウンセリングに行きましょう。

気になる費用

女性

顔にできた大きなほくろは、とても大きなコンプレックスです。解消するには美容外科でほくろ除去を行なうしかありません。どれくらいの費用がかかるのかを知り、治療へ役立てていきましょう。

痛みがある場合

医者

美容外科でほくろ除去をする時は、痛みがあるかどうかが気になります。そのため、施術に踏み切れない人も多くいます。基本的に美容外科では麻酔をして行なうので怖がる必要は一切ありません。

種類がある

鏡を見る女性

ほくろ除去を行なう時に使われる方法は、様々です。代表的なのはレーザーを使ったものでしょうか。美容外科ではレーザーの他に効率よく除去できるやり方を用意していますから、それについて悩むことがなくなります。ほくろ除去には、切除縫合術がありますがこの場合保険が適用されるため費用を安くすることができます。一方、美容外科で行なわれるレーザー治療に関しては、保険が一切聞かないためすべて実費になります。近年は、リーズナブルな値段設定の美容外科が増えており、アフターケアや形成外科専門の医師を指名することも簡単にできます。ほくろ除去から皮膚の再生まで携わってくれるため、安心して治療が受けられるというメリットがあります。

ほくろ除去においては、切除した後に縫合する方法や黒いものに反応を示すレーザーを中心とした治療になります。近年はCO2レーザーや電気メスを使用したやり方も多くなっており、美容外科によって扱う機器の種類が違います。これらを使ってほくろ除去を行なう時は特徴を踏まえて検討しましょう。中でもくり抜き法は、医療用の特殊なパンチを使っての手術になり、メスを使ってほくろをくりぬいていきます。そのあとは周囲を巾着上に縫い合わせますが、皮膚の修復力が一番高い点が特徴です。大きさは大体5mmから6mm以内のほくろを対象に、綺麗に取っていきます。メスを使った縫合手術は、ほくろ除去をした後糸を使って縫合するというもので、美容外科がよく行なう施術の一つになります。通常、ほくろは3倍ほどの大きさになると木の葉型に切除を行い、縫合をしますが傷が大きすぎると肌へのダメージが心配されます。しかし切開をして縫合をするやり方は皮膚にゆとりがない時とほくろが大きすぎる時に使うやり方なのでシワの方向に縫合するととても綺麗に仕上げることができます。レーザー治療においては、美容外科で扱うものが違いますし、種類も豊富なので自分で好きな機械を選べるといったメリットがあります。例えば削りながらレーザーを照射するものは、比較的小さいほくろ除去に使われ、ほくろの組織ごとごっそり取ることに長けています。仕上がりも綺麗で、跡形もなく蒸発することから、仕上げを重視する人に好まれます。一方削らないほくろ除去は、メラニン色素のみに反応するのが特徴的で、破壊しながら色を薄くするという一般的な方法です。2ミリ程度の平らなほくろにテキメンで、上手に反応出来ると傷を残すことなく綺麗さっぱりなくなります。ただ、デメリットとしては早く消えるものの再発がしやすい点でしょうか。それを避けるのなら削ったほうが二度手間にならず良いといえるでしょう。他のレーザーも一緒で、削り取るというよりは、色を薄くすることが得意なので、そこまで目立たないほくろだとレーザーの方が肌への負担も小さくなるかと思われます。

体験談がタメになる

鏡を見るウーマン

まだほくろ除去をしていない人の中で、施術を迷っているケースもあるでしょう。体験談を読むことでどのようなメリットがあるのかを知ることができ、さらには安心して施術に向き合うことができます。

生々しい体験

女の人

ほくろ除去をするには、安心して任せられる美容外科をみつける必要がありますが、実際に体験した人によるブログも経過観察の画像が見れるので参考にできるでしょう。生々しい体験談は心にとても響きます。