ほくろ除去で自信をつける|施術について詳しく知れば怖くない

  1. ホーム
  2. 痛みがある場合

痛みがある場合

医者

ほくろ除去で使う機器は、大きいものから小さいものを対応しており、大きくなったほくろ除去に関しては痛みを伴うことがあります。小さいものだと5分あれば終了するでしょう。ただ、どんなほくろ除去方法も痛みがあるのは極力避けたいものです。また施術に踏み切れない理由に、痛みを感じたくないという理由がありますから前向きに考えることが難しくなります。美容外科でできるほくろ除去に関しては、痛みに対する不安を取り除くために、局部麻酔をするのが基本です。これは除去をする部分にだけ行なうもので施術中は無痛でほくろ除去を行なうことができます。ただ、経験者にとって局部麻酔の痛みはかなりのもので、二度と体験したくないと語る人も結構います。痛みが出る理由としては、打つ箇所が顔だからでしょう。顔には知覚神経が多く集まっているため、ほかの部位よりも痛みを感じやすくなります。これらの情報を聞いただけでも避けたい気持ちが強くなるのは確かです。しかし美容外科で行なわれるレーザー治療においては、麻酔クリームを使うことが一般的です。注射と違って強い痛みはほぼ感じず、終始リラックスした状態で挑むことができます。クリーム状の麻酔は塗布してから30分程度で効いてきますが、これを麻酔注射をする前に塗ることで痛みを半減することも可能です。

ほくろ除去中の痛みは、美容外科でも使われるガスレーザーだと麻酔が効いているためほとんど痛みを感じることはありません。ただし、切れた時に痛みが出ますから油断は禁物でしょう。ぱちぱちと音がなるレーザーだと、ちくっとした痛みだけなので我慢できる程度です。レーザーでのほくろ除去は、基本的に体への負担や痛みを最小下に抑えているものが多く、痛みについて心配することはほぼありません。まずは美容外科の医師とほくろ除去について相談をしていき、痛みの少ない最新の機器を使った施術を提案してもらいましょう。自分の要望をしっかり伝えることができれば、安心してほくろ除去を行なうことができます。